まったくの初心者がランニングをはじめるためにやった方がいいこと【超初心者向け】

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

 

まったくの初心者がランニングをはじめるにあたってすべきこと。

それは走らないことです。

 

ランニングなのに走らない?

 

そうです。

走らないで、まず、「歩く」ことをおすすめします。

 

 

しかし、これがなかなか難しいのです。

つい走りたくなってしまうのです。

そして多くの人が膝や足首などを痛めてしまいます。

ぼくもランニングをはじめたばかりの時、ご多分に漏れず痛めました。

 

1.まずは15分、歩き続けてみる。

2.それで問題なければ30分に伸ばしてみる。

3.そして、1時間、歩き続けられるようになったら、いよいよ走る段階に突入です。

 

ここまでで最短でも2週間はとった方がいいと思います。できればじっくりとやりたいところです。

 

走りたい気持ちをぐっとこらえる。

怪我の防止にもなりますし、走りたい気持ちがモチベーションになるので、ランニングという趣味を長続きさせることにもつながります。

 

3の段階をクリアしても、いきなり息が切れるほどの強度で走らないでください。

どのくらいの強度で走るのがいいのかというと、

「友達とおしゃべるができるくらい」

が理想です。

その辺の詳しい走り方は、また次回以降に。

コメント