マスクをしながらのランニングで気を付けたいこと【体験談】

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

 

今日のような状況下で、ランニングをする際にマスクをしている人も多いと思います。

 

通常であれば、マスクをしてランニングということは、あまりないことです。

特に、ランニング初心者の方は、ランニングに関してもわからないことが多い中で、

さらにマスクをしてランニングとなると、いろいろと不安に思うことや、失敗も考えられそうです。

 

今回は、ぼくがマスクをつけてランニングしてみて、特に気を付けた方がいいと感じたことを書きました。

以下、大きく3つにまとめました。

 

 

1.酸欠に注意

当然ですが、マスクをすると呼吸がしにくくなります。

さらに、汗をかくことで、マスクに汗が染みて、より空気の通りが悪くなり、もっと呼吸がしにくくなります。

 

ぼくも、マスクをしていない時と比べて、あっという間に息が上がりました。

 

ランニング初心者の方は、これまでの経験が少ないため、大きく息が上がっても、

「これくらい息が上がるのは当然かも」

と考えてしまうかも知れませんが、それはちょっと危険に思います。

 

自分の呼吸の状況を注意深く観察しながら、あまり息が上がらない程度に抑えてランニングをした方がいいと思います。

酸欠状態になると、あまり思考が回らなくなるので、そこも要注意です。

 

2.体に熱がこもりやすい

顔の半分をマスクで覆っているということ、そして肺の中の温かい空気が出ていきにくい、というのが理由だと思いますが、体の中に熱がこもっているような感覚になります。

 

これから夏本番を迎え気温も高くなると、普通に生活していても熱中症には気を付けなければなりません。

 

もちろんランニングをする場合はなおさらです。

 

それにマスクが加わることで、より注意をすべきだと感じました。

少しでも異変を感じたらランニングは止めて、マスクを外した方がいいと思います。

 

3.喉の渇きを感じにくい

この3つ目がおそらく最も気が付きにくく、

また、うっかり失敗してしまう可能性が高いものだと思うので、特に注意してほしいです。

 

マスクをしていると喉の湿り気が維持されます。そのため、喉の渇きを感じにくくなるようです。

 

加えて、マスクをしているので、マスクを外して水分を取る、という行為が面倒に感じてしまいます。

 

その結果、知らず知らずのうちに、水分を取る回数が減ってしまいます。

 

例え喉が渇いていると感じなくても、確実に汗はかいていて、間違いなく身体の水分は失われています。

 

対策としておすすめなのは、時間や距離を決めて、一定のタイミングで少量ずつ水分を取ることです。

 

具体的には、

「10分にひと口飲む」

というように時間で水分を取るタイミングを決める。

または、

「1卅ったらひと口飲む」

というように距離で水分を取るタイミングを決める。

といったような感じです。


「喉が渇いたと感じてからでは遅い」

とは、ランニングの水分補給でよく言われることです。

なので、このような水分の取り方を癖付けることは、マスクなしのランニングにおいてもプラスになります。

 

まとめ

 1.酸欠に注意

⇒自分の呼吸の状況を注意深く観察。強度は息が上がらない程度に

 

 2.体に熱がこもりやすい

⇒熱中症に注意。少しでも異変を感じたらランニングは止めてマスクを外す

 

 3.喉の渇きを感じにくい

⇒時間や距離を決めて一定のタイミングで水分を取る

 

マスクをしながらというのは、通常とは違ったカタチのランニングです。

それだけに、身体には普段と異なる負担がかかることが予想されます。

 

ぼくも、マスクをしている際は、あまり追い込まずに、安全第一でランニングを楽しみたいと思っています。

まったくの初心者がランニングをはじめるためにやった方がいいこと【超初心者向け】

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

 

まったくの初心者がランニングをはじめるにあたってすべきこと。

それは走らないことです。

 

ランニングなのに走らない?

 

そうです。

走らないで、まず、「歩く」ことをおすすめします。

 

 

しかし、これがなかなか難しいのです。

つい走りたくなってしまうのです。

そして多くの人が膝や足首などを痛めてしまいます。

ぼくもランニングをはじめたばかりの時、ご多分に漏れず痛めました。

 

1.まずは15分、歩き続けてみる。

2.それで問題なければ30分に伸ばしてみる。

3.そして、1時間、歩き続けられるようになったら、いよいよ走る段階に突入です。

 

ここまでで最短でも2週間はとった方がいいと思います。できればじっくりとやりたいところです。

 

走りたい気持ちをぐっとこらえる。

怪我の防止にもなりますし、走りたい気持ちがモチベーションになるので、ランニングという趣味を長続きさせることにもつながります。

 

3の段階をクリアしても、いきなり息が切れるほどの強度で走らないでください。

どのくらいの強度で走るのがいいのかというと、

「友達とおしゃべるができるくらい」

が理想です。

その辺の詳しい走り方は、また次回以降に。

成城石井「生チョコティラミス」はチョコ好きに絶対食べてほしい【成城石井おすすめスイーツ】

JUGEMテーマ:スイーツ

 

チョコ好きにぜひ食べてみてほしいのが、成城石井の「生チョコティラミス」です。

 

クリームには北海道マスカルポーネを使った、完璧なまでに本格的なティラミス。

そして、なんといっても魅力はクリームの下に隠れた生チョコです。

 

 

チョコの風味が感じられる、という程度ではありません。

生チョコは分量もたっぷりとあって、しっかり主張してきます。

「カカオ分72%クーベルチュール使用」ということで、カカオ感もばっちりです。

 

食感は、クリームのふわふわと生チョコのしっとりが合わさって、とてもリッチ。

 

贅沢な気持ちにしてくれるスイーツです。

幅広の足におすすめしたいランニングシューズ「ALTRA」

ランニングにまず必要なもの、それは靴。ランニングシューズです。

 

ランニングブームもあり、様々なメーカーから何種類ものシューズが販売されていますが、なかなか自分に合ったランニングシューズがみつからなくて苦労してる人も多いのではないでしょうか。

 

ぼくも足幅がすごく広いのでシューズ選びには苦労しました。

これまで何種類のシューズを試してきたことか・・・

 

そんな足幅の広いぼくがおすすめするのが、アメリカ生まれのシューズブランド、ALTRA(アルトラ)です。

中でも愛用しているモデルが、ALTRA ONE 2.5(アルトラ ワン 2.5)です。

 

 

みての通り、つま先にかけてぽこっと丸みを帯びたカタチで、幅広の足を包んでくれます。

なんとなくビルケンシュトックの靴にも似たカタチですね。

 

そして、オンロードのランニング用に作られていて、とても軽いです。実測で片足195g(28cm)。めちゃくちゃ軽いです。

 

 

ぼくはこのシューズに出会ってから、基本的にはこれ一本です。

 

それまでは長い距離を走ると、どこかしらに水膨れができていたのですが、これを履いてからは快適そのもの。

100劵泪薀愁鵝覆い錣罎襯Ε襯肇薀泪薀愁鵑任后砲魎袷した時も、まったく靴擦れや水膨れはできませんでした。

 

ところが・・・

ここまで書いておいて申し訳ないのですが、残念なことにこのモデルは廃版になってしまいました。

そして、現在は、その後継モデルであるONE V3(ワン V3)が販売されています。

 

ONE V3を試し履きしたことがありますが、ONE 2.5と比較すると少し狭い感じです。

ぼくは超がつくほどの幅広なので合いませんでしたが、普通に幅広の方であれば、試す価値はあると思います。

ONE 2.5よりもしっかりとしたつくりになっていて、足に対するサポート力が強化されている印象を受けました。

 

ALTRAは幅広の人におすすめのブランドです。

https://altrafootwear.jp/

 

ONEの他にもPROVISION(プロビジョン)やESCALANTE(エスカランテ)など、幅広の人にうれしいシューズがあります。

今後、このブログでそれらの話もしていけたらと思っています。

成城石井 「宇治抹茶のトルテケーキ」はやさしいケーキ【成城石井おすすめスイーツ】

JUGEMテーマ:グルメ

 

成城石井のお菓子は美味しい。

今回、購入したのは「宇治抹茶のトルテケーキ」。

 

まずは見た目。

抹茶の深緑の美しいこと。

まじまじと見つめてしまいます。

 

 

抹茶のほのかな苦みと、ほどよい甘さがとてもよくマッチしています。

スポンジはとても柔らかくて口どけよく、味も触感もふんわり全体的にやさしいケーキ。

がっつり抹茶が好きな人には、抹茶度がちょっと物足りないかもしれませんが、全体としてはとてもバランスよく美味しかったです。

 

のんびりとした休日の午後なんかにぴったりなケーキじゃないでしょうか。

1